[PR]

 きっかけは、スーパーからの声だった。

 「同じ品質、値段でミニトマトを年中売れる棚を置きたい」。北海道総合商事(札幌市)の社長だった天間幸生(てんまゆきお)さん(48)はこの言葉にヒントを得た。道内産だけでは出荷時期が限られる。九州などの農家とも契約して産地リレーができれば、年中置ける。「HOKK…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも