[PR]

 ■劇作家・永井愛

 ――夏目漱石原作の「新・明暗」(2002年)や樋口一葉の評伝劇「書く女」(06年)といった、近代の文学や作家をテーマにした作品も書かれています。

 いずれも当時世田谷パブリックシアターのプロデューサーだった松井憲太郎さんの提案でした。

 一葉は、20歳から24歳までの全作品を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも