安倍氏側、5年で916万円補填 領収書、資金団体の名 「桜」夕食会費

有料会員記事

[PR]

 安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」の前日に主催した夕食会をめぐり、安倍氏側が2019年までの5年間に、費用の不足分として総額約916万円を負担していたことが、関係者への取材で分かった。支払いを受けたホテル側が発行した領収書の宛名が、安倍氏が代表を務める資金管理団体「晋和会」だったことも判明。東…

この記事は有料会員記事です。残り760文字有料会員になると続きをお読みいただけます。