折々のことば:2004 鷲田清一

有料会員記事

[PR]

 あの世に通じる扉が自動ドアであったなら、こんなに悩んだり苦しんだりしなくてもすむのにと、何度か思ったこともあります。

 (宮坂麻理)

    ◇

 生誕時に脳性マヒとなり、何をするにも話すにも時間がかかる。そのために誤解や行き違いが絶えない。生きるというのは自分には「難しすぎる」と宮坂は言う。が…

この記事は有料会員記事です。残り98文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載折々のことば 

この連載の一覧を見る