[PR]

 ■<ミステリー>「続篇」挑む厳しさ滲み出る ミステリー評論家・千街晶之

 ミステリー小説の続篇(ぞくへん)を書くというのは、かなり難しいことである。前作と話が続いている以上、その内容にある程度は言及しなければならないけれども、かといって決定的なネタばらしはしてはならない――という匙(さじ)加減は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも