[PR]

 三島由紀夫(1925~70)が世を去って、25日で50年を迎えた。割腹自殺という衝撃的な最期のイメージによってこぼれ落ちてしまいがちな、その才能の多面性に光を当ててみたい。

 ■審美眼 美意識はバラ、内と外の境界なく 泉鏡花を再発見、幻想文学の源流

 三島由紀夫は、揺るぎない審美眼で後世の芸術に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも