[PR]

 ■内田麻理香=科学技術

▽美馬達哉「方法としての反ワクチン」(現代思想11月号)

<評>コロナ禍でワクチン開発待望論が強まる中、重要な論考ぞろいの特集の1本。医療社会学と神経科学が専門の筆者は、人の生をコントロールする技術であるワクチンと、反ワクチンの潮流を、歴史の文脈において読解しようと試みる…

この記事は有料会員記事です。残り1387文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1387文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1387文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも