[PR]

 ひたひたと迫る不穏な社会の空気に、作家の桐野夏生さんが鋭く反応した。『日没』(岩波書店)で描いたディストピアは、2020年の日本と決して無縁ではない。「怒りが収まらない」という桐野さんに聞いた。

 物語はこんなふうに始まる。

 ある日、総務省「文化文芸倫理向上委員会」から作家、マッツ夢井あてに召…

この記事は有料会員記事です。残り1452文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1452文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1452文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも