「遅れれば社会への影響甚大」 分科会、医療体制に危機感 新型コロナ

有料会員記事

[PR]

 「介入が遅れれば遅れるほど、社会経済活動への影響が甚大になる」。政府の新型コロナウイルス対策分科会は25日の会合で、政府や都道府県に対応を迫る提言をまとめた。国内の感染状況は悪化の一途をたどり、医療崩壊の懸念が高まっている。会合後、記者会見した尾身茂会長は「非常に危機的な状況にある」と話した。

 …

この記事は有料会員記事です。残り673文字有料会員になると続きをお読みいただけます。