[PR]

 ■決め手は緑豆春雨、華僑のアレンジで定着

 たいぴーえん。漢字で書けば「太平燕」。たいへいつばめ、と読みたくなるが、演歌のタイトルでも新種の鳥でもない。熊本では知らぬ人はないというソウルフードの名だ。

 コクあるスープに野菜や魚介とちゃんぽん風だが、主役は歯切れ良い緑豆春雨。ルーツは福建省の郷土…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも