[PR]

 東京・国立劇場「12月歌舞伎公演」(3~26日)の第2部は、松本白鸚の「河内山」。長年洗い上げてきた当たり役で、正月の歌舞伎座でも演じた。コロナ禍を挟んでの上演に「日々の憂さを忘れ、小気味よいタンカを楽しんでいただきたい」と語る。

 実父の初代白鸚から言われたのは「河内山は品がなければダメだ」とい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも