[PR]

 新型コロナウイルスによる院内感染が付属病院で起きた慶応大の研究チームが、ウイルスの遺伝情報(ゲノム)を調べ、複数の感染ルートを判別できたと発表した。院内感染対策に役立ちそうだという。

 慶応大病院では3月から4月にかけて、院内で主に二つのクラスター(感染者集団)が発生した。一つは別の病院で感染した…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも