[PR]

 収穫後のイネは刈り株からしばしば再生する。葉を伸ばし、穂をつけることさえある。地球温暖化の進行で、生育可能な期間は延びる。イネの再生力を生かして2回目の収穫はできないか。そんな思いから「水稲再生二期作」の研究が動いている。

 同じ水田で年に2回イネを育てる二期作は、四国や九州の温暖な地域で取り組…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも