[PR]

 白と紫の触手をただよわせた姿が、海に咲く美しい花のように見える。千葉県立中央博物館分館海の博物館(同県勝浦市)の柳研介・主任上席研究員によると、これは刺胞動物に属するムラサキハナギンチャクという生きものだ。触手を開いた大きさは、両手ほどから50センチ超くらいまでになる。

 同じ刺胞動物だが、岩など…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも