成田空港、783億円の赤字予想 民営化以降初めて 21年3月期

有料記事

[PR]

 成田空港を運営する成田国際空港会社は26日、2021年3月期の純損益が783億円の赤字になる予想を発表した。前年は244億円の黒字だった。赤字になれば、04年4月の民営化以降初めてとなる。

 新型コロナウイルスの影響で便数、旅客数とも激減した。航空会社から得る着陸料のほか、直営の物販・飲食、テナン…

この記事は有料記事です。残り211文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!