[PR]

 全日本空輸(ANA)が、客室乗務員の地方居住を認めるしくみを来年4月から時限的に導入すると、労働組合に提案していることが28日わかった。勤務日数や給与を減らす代わりに、兼業や副業をしやすくする。新型コロナウイルスの影響で減便が続く中、人件費を抑え、雇用を確保するねらいがある。

 全日空に約8千人い…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも