メヒシバ、都会っ子は細く低く 光など環境の違いで遺伝的分化

有料会員記事

[PR]

 都市でも農村でも見かける代表的な雑草の一つ、イネ科のメヒシバが、それぞれの環境に適応して異なる姿へ遺伝的に分化していることを、東京大農学生命科学研究科の深野祐也助教らが報告した。

 まず、関東地方の市街地と農地で採集したメヒシバを同じ条件で育てた。すると、市街地の個体は細い茎が横へ広がって丈の低い…

この記事は有料会員記事です。残り286文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら