大西洋ウナギの産卵場、100年ぶり新説 ニホンウナギの知見から海域特定 日仏研究チーム

有料会員記事

[PR]

 大西洋で生まれるヨーロッパウナギやアメリカウナギの産卵場が、長年定説とされてきた海域より東の大西洋中央海嶺(かいれい)付近にある可能性が高いとする新説を、海洋研究開発機構など日仏の研究チームが示した。この海域は、太平洋で確認されたニホンウナギの産卵場と同様の特性を持ち、大西洋の稚魚などの分布もうま…

この記事は有料会員記事です。残り576文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら