[PR]

 第三者から精子や卵子の提供を受けて、生殖補助医療によって子どもを授かった場合の親子関係を定める民法特例法案が2日、衆院法務委員会で可決された。与野党5会派が賛成、4日の本会議で成立する見通しとなった。親子関係が不安定にならないよう法律で定めるのが狙い。ただ、第三者からの精子や卵子で生まれた子の「出…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも