[PR]

 ■「放出」「喜連瓜破」、古い歴史知る手がかりに

 1990年代半ば、大阪本社勤務を3年ほど経験した。我ながら浪速の水になじんでるやんと思ったのは、会話で語尾にやみくもに「やん」を付けるようになったことと、「放出」という文字を見て、「ほうしゅつ」ではなく「はなてん」と読んでしまうことだった。

 当…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも