[PR]

 井筒和幸監督は社会のはみ出し者を共感とともに活写してきた。8年ぶりの新作「無頼」が12日に封切られる。松本利夫演じる小さなヤクザ一家の組長の半生を、戦後昭和の歩みに重ねて描く。まさに井筒映画の集大成といえる作品だ。

 「もはや戦後ではない」と言われた1956年。地方都市に住む中学生の井藤正治は、身…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも