[PR]

 21世紀の民俗学は、どうあるべきなのだろう。

 民俗学者・大月隆寛(たかひろ)(61)が「民俗学という不幸」を出版したのは1992年のこと。柳田国男から始まり、伝統的な生活様式の農山漁村というフィールドを失いつつあった当時の民俗学について、「民具の図像をコンピュータに入力し(略)いくつも重ね合わせ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも