(時時刻刻)原発審査、揺らぐ根幹 安全性検討過程、「国に過誤」 大阪地裁判決

有料会員記事

[PR]

 関西電力大飯原発3、4号機の設置許可を取り消した4日の大阪地裁判決は、原子力規制委員会の審査の方法を「看過しがたい過誤、欠落がある」と厳しく指摘した。原発の安全審査を続けてきた規制委にも、各地で再稼働を目指す電力各社や政府にも、影響を与えることになりそうだ。▼1面参照

 「(被告の)国は自らつく…

この記事は有料会員記事です。残り3367文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら