大飯原発、設置許可取り消し 「規制委の判断、不合理」 最大の揺れ、検討欠落 大阪地裁判決

有料記事

[PR]

 東日本大震災後、再稼働した関西電力の原発、大飯3、4号機(福井県おおい町)の安全性に問題があるとして、近畿6府県や福井県などの住民約130人が、国の原子力規制委員会が関電に与えた設置許可の取り消しを求めた訴訟の判決が4日、大阪地裁であった。森鍵一(もりかぎはじめ)裁判長は、規制委の判断に「看過しが…

この記事は有料記事です。残り1512文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!