折々のことば:2017 鷲田清一

有料記事

[PR]

 それでも、社会らしきものに近づきたかった。幽霊にはまだなりたくなかった。

 (三品輝起〈みしなてるおき〉)

    ◇

 生きるために必要な道具が、カタログから選び、購入する「雑貨」へと際限なく移行している現代、人は自分がそれをいいと思う理由でさえ定かでなくなっている。東京・西荻窪の雑貨店主は…

この記事は有料記事です。残り88文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載折々のことば 

この連載の一覧を見る