有馬朗人さん死去 元東大総長・文相 「ゆとり教育」

有料記事

 原子核物理学者で、東京大学総長や文部相・科学技術庁長官を務めた有馬朗人(ありま・あきと)さんが7日、死去した。90歳だった。▼26面=評伝

 大阪市生まれ。東大で物理学に取り組み、原子核の磁気的性質を説明する「有馬・堀江理論」で注目された。東大教授、理学部長などを経て、1989~93年には東大総長

この記事は有料記事です。残り392文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!