太陽光、うまみ得た中国系 売電権売却「億単位動いた」 5社計30億円、所得隠し

有料記事

[PR]

 多額の「チャイナマネー」が日本国内の太陽光発電につぎ込まれ、利益を生み出していた実態が国税の税務調査で明らかになった。「いつも動く金は億単位だった」。取引を間近で見てきた関係者は驚きを隠さない。▼1面参照

 福岡県中南部の朝倉市を縦断する筑後川水系・小石原川。市中心部の住宅街を南に貫き、西日本鉄…

この記事は有料記事です。残り1327文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!