(戦後75年)戦争体験者の証言 真珠湾へ、艦上で死を覚悟

有料会員記事

[PR]

 (1面から続く)

 大分・佐伯湾を出港して4日後の1941年11月22日、吉岡政光さん(102)を乗せた空母「蒼龍(そうりゅう)」は千島列島の択捉(えとろふ)島にある単冠(ひとかっぷ)湾に着いた。しばらくして、食事や休憩をする広い部屋に吉岡さんら艦載機の搭乗員らが集められた。その場で艦長から極秘…

この記事は有料会員記事です。残り1491文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら