[PR]

 ■太古の地層からタイムカプセル 琥珀(こはく) 館長・新田久男

 琥珀が眠る地層の隆起により日本最大の産地となった岩手県北部の久慈。その地層の上に立つ当館は、採掘場も持つ、琥珀製品の加工販売会社の企業博物館です。美術工芸品や原石、虫入り琥珀など約4千点を所蔵しています。

 琥珀は木の樹脂が大雨な…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも