[PR]

 劇場は「政治の季節」に入った。とでも言いたくなるほど、このところ現実の政治を題材にした芝居や映画が相次ぎ、いずれも好評を得ている。なぜか。この傾向は続くのか。作り手の感触からさぐった。

 まず演劇。11月の俳優座「火の殉難」は蔵相として昭和恐慌に対処した高橋是清が2・26事件の凶弾に倒れるまでを…

この記事は有料会員記事です。残り1405文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1405文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1405文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも