(声 共に考えよう)定年後どこで過ごしますか

有料会員記事

[PR]

 ■移住・都市回帰、今は2拠点生活

 無職 田畑陽子(京都府 79)

 国語教師として勤めた高校を退職する1年前、壺井栄の小説「伊勢の的矢の日和山」を読みました。定年後は海の近くに住みたいと思っていたので、春の一日、志摩半島の的矢湾に行きました。ヤブツバキが満開の日和山から海を見下ろしました。

 そ…

この記事は有料会員記事です。残り3774文字有料会員になると続きをお読みいただけます。