税収8兆円下ぶれ コロナ影響、55兆円前後に

有料記事

[PR]

 2020年度の国の一般会計の税収が当初の見込みを8兆円程度下回り、55兆円前後になる見通しとなった。落ち込む税収を埋めるため、政府は国の借金である国債を追加発行する方針。20年度の新規国債発行額は100兆円を超える異例の規模になる見込みだ。

 今年度の税収について、政府は当初、19年10月の消費増…

この記事は有料記事です。残り330文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。