ホストタウンの費用負担へ

有料記事

[PR]

 来夏の東京五輪パラリンピックで外国選手団を受け入れる自治体(ホストタウン)の新型コロナウイルスの対策費用について、橋本聖子五輪相は10日、政府が負担すると明言した。関係者によると、スポーツ庁の第3次補正予算案に130億円弱を盛り込む方向で調整しているという。ホストタウンは2日時点で、510自治体…

この記事は有料記事です。残り21文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。