[PR]

 マンハッタンの格式あるレストランを舞台に、様々な問題に直面する市井の人々を描いた「ニューヨーク 親切なロシア料理店」が11日に公開された。登場する貧しい家族や、暗い過去を持つ人物に優しいまなざしを向けたのは、デンマークのロネ・シェルフィグ監督。「私が撮りたいのは、特別ではない、ごく普通の生活者なの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも