見つめて感じて、2人の愛 映画「燃ゆる女の肖像」セリーヌ・シアマ監督

有料会員記事

[PR]

 昨年のカンヌ国際映画祭で脚本賞を得た「燃ゆる女の肖像」が各地で公開されている。18世紀の仏ブルターニュで繰り広げられる、女性2人の短くも深い愛の物語。脚本も手がけたセリーヌ・シアマ監督は「相手を見つめることがテーマです」と語っている。

 画家マリアンヌ(ノエミ・メルラン)は、伯爵夫人の娘エロイー…

この記事は有料会員記事です。残り724文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら