大島議長、在職最長に 2029日、河野洋平氏に並ぶ

有料会員記事

[PR]

 大島理森衆院議長(74)は11日、在職日数が2029日となり、河野洋平・元衆院議長と並んで歴代最長となった。12日には単独1位となる。財務省の公文書改ざん問題で「民主主義の根幹を揺るがす」と断じる異例の談話を公表した大島氏。11日の記者会見でも「(国会では)憲法に定められた精神と条文に基づいて行動…

この記事は有料会員記事です。残り337文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら