(大志 藤井聡太のいる時代)番外編 32歳の元名人、読みに驚嘆、姿勢に共感

有料記事

[PR]

 「対戦するのは楽しみ。でも、タイトル挑戦が近いここで当たるとは……」

 藤井聡太二冠(18)=当時七段=との対局を控えた佐藤天彦九段(32)は、複雑な心境だった。

 今年6月2日。第91期棋聖戦の決勝トーナメント準決勝が、東京・将棋会館で指された。あと2勝で、タイトルの挑戦権を獲得する。佐藤にとっ…

この記事は有料記事です。残り637文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント