[PR]

 ■傷ついた少女の深淵をみる

 学生の頃、渋谷の画廊に入り浸っていたことがある。そこでウニカ・チュルンの画(え)をみた。奇妙な動物や不気味な人間の顔が連なったペン画は、意識の検閲を経ていない禍々(まがまが)しいものだった。画廊の兄貴分に彼女のこの本を紹介された。作家マンディアルグが仏語版序文で激賞…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも