(評・舞台)歌舞伎座「十二月大歌舞伎」 先輩の芸風、継承され豊かに

有料記事

[PR]

 1月から3部制興行に移行すると発表した歌舞伎座は、今月が最後の4部制となる。

 第1部は、今年はドラマで歌舞伎のスポークスマン的役割を担った、片岡愛之助尾上松也が早替わりで四段返しの舞踊「弥生の花浅草祭」。

ここから続き

 第2部「心中月夜星野屋」は、落語作家の小佐田定雄による新作歌舞伎の再演。作者が最も多く…

この記事は有料記事です。残り568文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント