[PR]

 原発の使用済み核燃料を一時保管する青森県むつ市の中間貯蔵施設を電気事業連合会(電事連)が共同利用する方向で検討する方針を表明したことについて、関西電力の森本孝社長は18日、「高い関心がある。積極的に参画したい」と会見で述べた。関電の老朽原発の再稼働を判断する前提として、福井県外で施設の候補地を示す…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも