(私の視点)法律の優生思想懸念 過ちを繰り返さない国会に 阿部知子

有料会員記事

[PR]

 国会で生命倫理に関する法案が審議されることはごく少ない。かつ議論の継承性もない。

 先日、国会閉会直前に駆け込むように成立した法案がある。生殖補助医療によって第三者から精子や卵子の提供を受けて子どもを授かった場合の親子関係を定める「民法特例法案」だ。与野党の共同提案、いわゆる議員立法だということで…

この記事は有料会員記事です。残り939文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら