(大志 藤井聡太のいる時代)番外編 詰将棋、小学生で「谷川賞」に作家も感心

有料記事

[PR]

 「こんな洗練された詰将棋を作る小学生がいるのか……」

 9~10歳の頃に藤井聡太二冠(18)が作った詰将棋を見て、北浜健介八段(44)は感嘆した。詰将棋作家としても有名な北浜は2007年から5年間、月刊誌「将棋世界」の詰将棋投稿コーナーで選者を務めた。後任にバトンタッチした直後の12年4月号で藤井…

この記事は有料記事です。残り675文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載大志 藤井聡太のいる時代

この連載の一覧を見る