特別支援学校、オンライン交流の輪 新型コロナ感染拡大、なかなか外出できないけれど

有料記事

[PR]

 新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、感染のリスクが高く、なかなか外出できない。そんな児童生徒も多い特別支援学校では、オンラインで新たな交流の場を設ける取り組みが進んでいる。

 ■他校とボッチャの試合/画面越し「修学旅行」

 11月25日、沖縄県立泡瀬特別支援学校(沖縄市)の体育館と、香川県立…

この記事は有料記事です。残り1708文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。