[PR]

 一度も旅したことのない場所なのに、一冊の本が風土や民情をありありと教えてくれることがある。当方にとってはモンゴルが舞台の絵本『スーホの白い馬』がまさにそう。モンゴルと聞くだけで、わが頭の奥を純白の馬が駆け抜ける▼羊飼いの少年スーホが育てた馬を、王が強引に奪い取る悲しい物語。天や地を描く壮大なタッチ…

この記事は有料会員記事です。残り470文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り470文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り470文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも