<評伝>日本専門家、超えた行動力 日中関係を懸念 エズラ・ボーゲル氏死去

有料記事

 20日に急逝したエズラ・ボーゲル米ハーバード大名誉教授は、「日本専門家」の枠に収まらない幅と行動力の持ち主だった。▼社会面参照

 元々の専門は社会学である。日本での当初の研究対象も家族関係だったが、来日して高度経済成長を目の当たりにし、それを支える技術力、計画力、組織力へと関心が広がった。1979…

この記事は有料記事です。残り850文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。