(多事奏論)銀行の未来 「半沢直樹」の舞台、輝きいつまで 原真人

有料記事

[PR]

 今年もっとも多くの人が見たドラマは最高視聴率30%超の「半沢直樹」だった。視聴者は歌舞伎のような大立ち回りに魅せられ、水戸黄門的な勧善懲悪に大いに留飲を下げた。娯楽性に富んでいたのはもちろんだが、銀行が舞台だったことも人々をひきつけた重要な要素だったのではないか。

 原作者の池井戸潤さんはかつて都…

この記事は有料記事です。残り1418文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!