看護師、病院の2割で離職 コロナ感染者受け入れ 「使命感だけでは限界」

有料会員記事

[PR]

 日本看護協会(日看協)は22日、新型コロナウイルス感染症の患者を受け入れた病院の2割で看護師の離職があったという調査結果を公表した。労働環境の変化や感染へのリスク、周囲からの差別などが理由とみられる。

 日看協は9月、全国約8300病院の看護部長を対象に調査を実施。第1波の状況を振り返り、看護師の…

この記事は有料会員記事です。残り594文字有料会員になると続きをお読みいただけます。