中ロ軍機、防空識別圏を飛行 日本海から東シナ海 昨年7月以来

有料会員記事

[PR]

 防衛省は22日、中国軍機(H6爆撃機)4機とロシア軍機(TU95爆撃機)2機が同日、日本海から東シナ海にかけての日本の防空識別圏や、その周辺を共同飛行したと発表した。空自が戦闘機を緊急発進スクランブル)させて対応、領空侵犯はなかった。

 中ロが共同で日本を牽制(けんせい)するような飛行をするのは…

この記事は有料会員記事です。残り216文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら