外務省が23日に公開した外交文書では、昭和天皇の「大喪の礼」(1989年2月)のために来日した各国のVIPが、当時の竹下登首相や宇野宗佑外相と次々に会談する様子が記されていた。その数は100回を超え、「弔問外交」とも称された。だが、そのあとを継いだ上皇さまは葬儀を簡素化したい意向を示し、国の行事で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも