(やっぱり第九が歌いたい:7)「芸術が絶対に必要、証明する」 ヴァイグレは心を砕く

有料記事

[PR]

 「12月ですよ、ベートーベン・イヤーですよ、楽しみましょう!」

 おどけて両手を広げ、ソロ歌手や合唱の緊張を解く。12月14日、東京都内で開かれた読売日本交響楽団の第九の練習に、ドイツ指揮者、セバスティアン・ヴァイグレ(59)は軽やかな足取りで現れた。独フランクフルト歌劇場の音楽総監督を務める名…

この記事は有料記事です。残り654文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。